ドイツ語のアルファベット

みなさん、グーテンターク🇩🇪

今日はドイツ語のアルファベットについて紹介していきます。

まず基本的には英語と同様に

AからZまでアルファベットがあります。

この記事では、アルファベット1つ1つの読み方は紹介しませんが、

ドイツ語特有のアルファベットがあるので、

今回は、それを紹介します。

ドイツ語には

ウムラウト

エスツェット

があります。

ウムラウトは3種類あります。

アーウムラウト

「ä」

「ア」を言う口で「エー」と声を出すイメージ。

ウーウムラウト

「ü」

「ウ」を言う口で「エー」と声を出すイメージ。

オーウムラウト

「ö」

「オ」を言う口で「エー」と声を出すイメージ。

エスツェットは1つのアルファベットの名前です。

エスツェット

「ß」

ドイツ語の「ss」と読み方は同じです。

※ちなみにスイスではこのエスツェットは使いません。

加えて、ドイツ語には

アルファベットの組み合わせによって、特殊な読み方になります。

例えば二重母音

AU

読み方: アオ

AI」,「 EI

読み方: アイ

EU」, 「ÄU

読み方: オイ

子音の組み合わせはこちらです。

「CH」

読み方: あまり声を出さない「ハ」

「SCH」

読み方: 「シュ」

「ST」

読み方: 「シュトゥ」

「SP」

読み方: 「シュプ」

「TSCH」

読み方: 「チ」

「CHS」

読み方: 「クス」※最後の「ス」は母音の「ウ」を弱める

以上、ドイツ語の中で特徴的なアルファベットの

紹介でした。

ドイツ語のアルファベットの読み方について、

読むだけでなく聞くことも大事だなと思ったので、

動画も作成しました。

ぜひこちらの動画も活用してみて下さい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です