我慢の限界!ドイツのトイレビジネス?

ドイツのコブレンツという駅で友人と会う約束をした時のこと。
自分の住んでいた町から、コブレンツへ向かう電車の中で、
トイレに行きたくなり、
ドイツの電車の中には、大体の場合、トイレが設置されているあるので、
車内のトイレへ向かうと、
故障中ということで電車の中ではトイレは使用できず💦
.
.
.
まだ限界までは達していなかったので、プラン変更で、コブレンツ駅のトイレに行くことにしました。しかし、気持ち的に余裕はそんなになかったので、到着するアナウンスを聞くやいなや、トイレに行けるように、電車の扉の前でスタンバイ!
そして電車の扉が開き、ダッシュでトイレへ!
.
.
.
階段を登ってくる人を軽快にかわしつつ階段を下りていって、すぐにトイレの標識を発見し、トイレに到着💦
そして、自動ドアが開き、男子トイレの方に行こうとすると、ディズニーランドの入場ゲートのようなものが…
.
.
.
まさかのトイレに入るために1ユーロの入場料が必要…
頭の中で描いていた完璧な計画が崩れて、ちょっと心折れそうになりましたが、慌てて財布を取り出して、1ユーロ払おうとすると
.
.
.
「しまった小銭がない…」
2回目のショックは、さすがにこたえましたが、
これもドイツでの試練だと自分に言い聞かせ、
お札を崩すために、トイレの近くにあったカフェへ向かいました。
そして小銭を得るために、カフェで少し高めのキャラメルマキアート的なものを購入。
このちょっとした贅沢が仇となり、支払いを済ませて、お釣りを受け取った時に凡ミスに気づきました…
.
.
.
1ユーロコインがお釣りの中にない…
4.5ユーロの商品を買ったので、5ユーロ札と50セントだけがお釣りとして渡されました。
さすがの3回目の足止めにもう諦めかけましたが、僕の目線の先にトイレが😃
.
.
.
そう!カフェのトイレです!
そして、何とかカフェのトイレを貸していただき、ようやく用を足すことができました👏

トイレでお金を取るって、急を要する人には冷酷ですが、良いビジネスですよね。
間違いなく需要がありますから🤔
日本がこの制度を取り入れるひは来るのか。

ドイツ以外にもヨーロッパではトイレ有料が結構あるので、気をつけて下さい🙌
今日はこの辺で。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です