僕のチームの探し方 in ヨーロッパ

最近、有難い事にSNSなどでヨーロッパでサッカー留学に挑戦をしたいという高校生、大学生そして社会人の方々から、

海外留学にかかる費用

英語、ドイツ語など語学の必要性など様々な質問を頂きましたが、今回は、

僕がこれまでどのようにチームを探してきたか

というのをまとめてみました。

海外サッカーのトライアウトに参加を考えている選手やヨーロッパのサッカー留学に興味がある方などの役に立てたら幸いです。まず僕のドイツ・スイス滞在歴を紹介するとこんな時系列になります。

日本
↓
ドイツ(1ヶ月)
↓
日本(半年)
↓
ドイツ(2年)
↓
日本(1年半)
↓
スイス (もうすぐ1年)

 

まずドイツで長期サッカー留学をする前に、1ヶ月間ケルンでチーム探しをしました。

当時の僕は、ドイツ語を少しだけ喋ることが出来ましたが、どのようにチームを探したら良いかも分からないし、

  • 住居
  • ビザ(滞在許可証)
  • 保険などなど

    サッカー以外のことも何も知らなかったので、

当時は日本人の代理人にお世話になっていました。

チームの紹介、練習の送り迎えや、その他プライベートの部分でのサポートなど、本当にお世話になりました。

僕がドイツで出会った日本人の選手の殆どが、日本人とドイツ人、二人の代理人にお世話になっていて、

費用は高くなってしまいますが、海外サッカーが初めての人にとっては、

本気でサッカーを挑戦する為に、サッカーだけに集中できる時間が確保できるので、投資する価値があるかなと思います。

そして、何より代理人の人が何年もかけて築き上げたコネクションを活かさてもらうので、これは勿論、初の海外挑戦する選手にとっては大きな力になります。

僕自身、今考えてみても当時の僕にしては、かなりレベルの高いチームを紹介してもらいました。あのチャンスを物にしてればと今でも思います。

そして、2年間の長期留学中は、ドイツ人の代理人の人だけにお世話になりました。

自分がドイツ語でコミュニケーションが取れるようになり、一人で不自由なく生きていけると思ったからです。

この時の契約としては、移籍をしたい場合に、1チーム紹介+契約交渉で200ユーロという内容でした。

実際に一度、1年目のシーズンが終わった後に、ハンブルクのチームを紹介してもらい、練習参加をしました。

練習後に交渉をしてもらった結果、僕の所属していたドイツのチームよりもカテゴリーは上でしたが、待遇は良くないと感じましたし、

所属先のチームからも1シーズン目より更に良い待遇のオファーを頂き、チームから本当に必要とされていると感じたので、2年目も同じチームに残留する事にしました。

こういった時に、必ず紙で契約を交わすので、この時は誰かドイツ語をネイティブで分かる人に読んでもらう事をお勧めします。そうでないと後々面倒な事に巻き込まれる可能性があるからです。

そして、2年目の途中からは、

チームメイトや知り合いの方々にドイツでビザを出してくれるチームを探している事を伝えていると

色々な方から練習参加の話を頂きました。

ドイツ人のアムチュアリーグの選手で、代理人をつけている人、そうでない人がいますが、代理人がいない人は自分で知り合い図手でチームを探していました。

僕もドイツにいる時は、日本人の選手からチームを紹介して欲しいという話がよくありましたし、今はブログやSNSの方からも連絡がきます。

その国で暮らせる自信があれば、実際にそのように色々な人に当たってみて、知人を介してチーム探しも良いと思います。

そして、スイスでのチーム探しに関しては、

とにかく直接チームにメールしたり、電話したり、直接会いに行ったりしました。

スイスで代理人もサッカー関係の知人もいなかったので、自分で0からやって行くしかなかったです。

しかし最低限、スイスがドイツ語圏であるという事は、僕にとって大きなプラス要素でした。

正直、取り敢えず飛び込むというのは、労力と時間がかかるので、早く実績を積みたい人には、あまりオススメできないかもしれないですが、結構やってみると面白いのです。

以上をまとめてみると、僕がこれまで海外でチーム探しをする際にどうやって探したかをまとめてみると

1. 日本人の代理人と共に
2. ドイツ人の代理人と共に
3. チームメイト、知人図手
4. クラブに直接交渉

というようになります。

勿論、現場ありきなので、選手としてのクオリティは高くなければ、チームも決まらないですし、決まってからも試合に出れずベンチメンバーいなってしまうなどなどあります。

しかし自分で自発的にチームを探すことは大切なことだと思います。

これから海外挑戦を考えている方々の参考になればと思います。
ここまで読んで頂きありがとうございました!

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

選手兼指導者という新たなる挑戦へ。

新たなる挑戦をします。

それは、僕の所属しているFC BassersdrfというチームでU-16の監督をやらせて頂きます

現在、このチームはスイスの上から2番目のリーグでプレーしてます。

しかし、僕はまだまだ現役で上を目指しているので、僕のチームの活動と育成のチームの活動が重なった場合は、僕のチームの方を優先させて頂きます

そのため、この育成チームには監督が2人とコーチが1人います。

今まで、日本でもドイツでも小学生の練習に携わってきたこと。

そして、スイスでは初めて指導者になることなど、新しい事がありますが、選手も僕も、そして他のスタッフも全員が成長出来るような時間にしたいと思います。

まだまだ僕は、サッカーを知らないと思ってますし、選手によってサッカーをする目的が様々だと思うので

教える」のではなく、「引き出す」ことを意識してやっていこうかなと思ってます。

僕がドイツでお世話になった2人の育成コーチが実践していたことや意識していたことを真似して先ずはやっていこうと思います。

二人のコーチを簡単に紹介。

①フロリアン
27歳という若さでドイツサッカー協会公認の最高レベルのライセンスを取得した人で、小学生の時から指導者の経験を積み、現在も育成トップリーグのチームの指導者をしています。

②バーガー
ボルシア・メンヒェングラッドバッハでインターンをした時にお世話になった人。現在もこのチームのU-14の監督をやってます。

まず僕が彼らを真似たいと思った事は、
怒らない」ということです。

僕が小学生の練習を任された時に練習が上手く機能しなかった時に、

何でこんな簡単なことが」とか、
なんで集中して出来ないんだ

などなど、自分の中でフラストレーションを溜めていました。
つまり、機能しないのを選手のせいだと思っていたのです
それでは、上手く機能するはずがありません

そして、僕の練習を見ていたフロリアンが、
コートの大きさや
1つの練習時間の長さ
また学校による選手のストレス具合を観るなどなど

細かい指摘を沢山してくれました。

練習が機能しないのは、自分のせいだ。

という事を念頭に、常に冷静に判断して行けるようにしたいです。

そして、2つ目は、「観る」ことです。とにかく彼らは、よく観ているという印象がありました。

選手一人一人の特徴はもちろん、練習中はとにかく全員を観察して、練習内容を変えたり、追加のルールを作ったりします。

たまに、練習時間をかなり短くする時もありました。

また、先ほども述べた通り、育成年代の選手達は殆どが、サッカーをする前は学校に通っているので、サッカーグランド以外のところも視野に入れることが大切だと思いました。

最後は、「楽しむ」ことです

自分が楽しまないと、選手も楽しくないのかなと思いました。

練習中にしても、グランドの外にしても、この2人のたまに見せる「遊び心」には、惹かれるものがありました。

そして、本当にサッカーが大好きで、コーチ業が好きなんだなと身近で感じました。そうじゃなきゃ、やっていけないのかもしれないです。

これから先に忘れないためにも長々と書いてしまいましたが、

「怒らない」
「観る」
「楽しむ」

この3つの事をまずは意識してやっていこうと思ってます。

また早速沢山の方からツイッター上で反応があり、嬉しかったですし、指導者、コーチ、あるいはサッカー関係者の方々、もし何かアドバイスがあれば、ぜひ学ばせて頂きたいと思っております。

こちらのコメント欄でも、SNSでもコメントを頂けてら嬉しいです。

それでは、頑張ります。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

スイスでサッカーをして気づいた事

スイスのサッカーチームが決まってから、早くも半シーズンが終わり、残りの半シーズンも始まろうとしています。

まだまだスイスの新参者ですが、僕がスイスのサッカーチームに所属して気付いた事をまとめてみました。

これはあくまで僕個人の見解ですが、ぜひ皆様が読んでてなるほどなと思って頂けたら、幸いです。

練習着は一式お揃い

スイスではアマチュアリーグであっても、練習着は各選手に一式用意されていて、洗濯はクラブがしてくれます

ロッカールームに着いたら用意された練習着を着て、練習が終わったら、汚れた練習着をまとめます。

それをクラブ、または選手の中の洗濯物担当が洗います。

人工芝よりも天然芝のグランド

僕がドイツで2年間アマチュアリーグでプレーした時は、1シーズンで半分以上は人工芝でした。

実際、僕のチームのホームグランドも人工芝でした。

しかし、スイスのサッカー場は、比較的に天然芝のグランドが多いように感じます。

おかげさまで膝に優しく、スライディングしても痛くないです。ちなみに僕の現在のチームのホームグランドも天然芝です。

セミプロ選手が少ない

ドイツには、アマチュアクラブからお金をもらっている選手が結構いました。

中には相当な額をもらっている選手もいましたが…。

しかし、スイスにはそのようなアマチュアクラブでお金をもらっている選手は今の所、あまり耳にしたことは無いです

外国人国籍選手が少ない

スイスリーグ全体を見て、外国人国籍選手が少ないです。

その原因はスイス国内での外国人の労働許可、滞在許可取得が難しいことにあると思います。

去年、スイス2部リーグ所属のチームのキャプテンがブラジル国籍で、労働許可無しでクラブが選手を雇っていたことが判明し、クラブは多額の罰金、そして選手もチームを離れることになった記事が、地元の新聞で大きく掲載されていました。

プロリーグであっても、外国人国籍選手はビザを取得するのが難しく事がお分かり頂けたかと思います。

組織力が高い

スイスのチームが全て組織力が高いかと言えば、そうではないです。

もちろん、個々の力に頼っているチームもありました。

ただ、僕の見て来た中で、傾向的に組織力が高いチームが多いと言えると思います。

僕のチームでは、必ずカバーリングをつけるように言われてますし、他のチームのサッカーを見ても、組織で守っている印象があります。

これは僕の推測ですが、ドイツなどに比べると、国も小さいので、個々の力だけでは、他の国に対抗できないという真相心理からなのかもしれません。

攻撃に関しても、サイドに早かったり、テクニックのある選手を置いて、個々の力で打開していくだけでなく、ボール支配率を大事にしている印象も受けました。

これも組織で戦おうとしている象徴と言えると思います。

イタリア人の監督が多い

フランス語圏のスイスのサッカーチームはどうかはわかりませんが、

少なくともドイツ語圏とイタリア語圏のチームに関しては、プロチームもアマチュアチームもイタリア人またはイタリア系スイス人の監督が指揮を取っているのをよく目にします

イタリアは数々の名匠を生み出していますが、その影響が隣国スイスにも影響しています。ちなみにドイツ人の監督もプロチームには結構います。

平均身長は日本以上ドイツ以下

勿論大きい選手もいますが、ドイツと比較すると、平均身長は低い気がします。

しかし、日本と比べるとスイスの方が高いです。

例えば、僕がドイツにいた時は、チームの中で僕より小さい選手は2人。

対戦相手も僕より大きい選手がほとんどでした。

しかし、スイスリーグでは、もちろん大きい選手もいますが、僕(176cm)よりも小柄な選手が結構います

僕個人としては、大きい選手と対人した方がやりやすいので、スイスでは苦手を克服したいと思っています。

最後に

以上、スイスで半年間サッカーをして気付いた事でした。

様々な国でサッカーをすることは、様々なお国柄も含まれているような気がしていて、面白いです。

世界中の国でサッカーをしてみたいという欲もありますが、今スイスでサッカーをする事が楽しくて仕方がないので、まだまだスイスで頑張って行こうと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから