スイスの公用語は4言語!!

 

今回は、スイスの公用語について書きます。

スイス国内で4ヶ国語が話されています。

・ドイツ語
・フランス語
・イタリア語
・ロマンシュ語

しかし、全スイス人が4つの言語を
喋れるということではありません。

地域によって、話す言語が変わります。

これら地域と言語の関係性を紹介します。

ドイツ語圏

都市:
チューリヒ
ベルン
ルツェアン

出典: wikipedia

写真黄色がドイツ語圏。

スイスの中で最も話されている公用語がドイツ語です。

しかし、スイスドイツ語というドイツ語の方言です。

 

例: 僕が初めてスイスに来て、駅員と話をした時のこと。

たける(筆者)
たける(筆者)
チューリヒ州全体で使える定期を買いたいです。
#>\%$|**\>>|* (スイスドイツ語)
駅員
駅員
たける(筆者)
たける(筆者)
ごめん、ドイツ語理解できるけど、
スイスドイツ語は出来ない…
スイスドイツ語は方言じゃなくて【1つの言語】だからね 笑
駅員
駅員
たける(筆者)
たける(筆者)
……

このように訛りは強いです

さらにスイスドイツ語圏内にも方言が存在します。

例えば、スイス南部のヴァリス州

語学学校でヴァリス州のスイス人女性と知り合いました。

まずドイツ語圏のスイス人が外国人と一緒にドイツ語を勉強しているのが不思議な感じですが…

彼女のスイスドイツ語は、担任の先生も理解出来ませんでした。

スイスでドイツ語でコミュニケーションを取るのは難しい。

ちなみに僕のサッカーチームの公用語はチューリヒ訛りのスイスドイツ語です。

まだまだ周囲とのコミュニケーションに難ありです。

スイスドイツ語の勉強も頑張ります。

フランス語圏

都市:
ジュネーヴ
ローザンヌ
ヌシャーテル

出典: wikipedia

写真紫色がフランス語圏。

スイス国内の中でも、フランス寄りの西南地域がフランス語圏になっています。

僕がマルタ島の語学学校に通っていた時に、初めてスイス人と知り合いました。

そのスイス人のクリストファー君が、ローザンヌ出身でフランス語を

母国語としていました。

当時、スイス人はドイツ語が喋れると思っていたので

彼にドイツ語で話しかけると

「僕はドイツ語を喋れないんだ…」

と彼に残念そうに言われて、ショックだったのを覚えてます。

この時にスイスが公用語が4つある事を知りました。

イタリア語圏

都市:
ルガーノ
ルカルノ

出典: wikipedia

写真緑色がイタリア語圏。

スイスの南部に位置するテシーン州がイタリア語圏になります。

W杯2018開幕前のサッカー日本代表対スイス代表の国際親善マッチがイタリア語圏であるルガーノで行われて、僕も観に行ってきました。

当時、ドイツ語が通じないという事を忘れていて、レストランで注文する時にドイツ語で話しかけてしまいウェイターを困らせたのを覚えています。

テシーン州のルガーノやルカルノはリゾート地としても有名です。

ロマンシュ語

出典: wikipedia

写真赤色がロマンシュ語圏。

スイスの南東部に位置するグラウビュンデン州の一部のみが話せる言語です。

ロマンシュ語はスイス公用語の中で一番話者数が少ない言語です。

東スイスのPizolをハイキングしている時に一度だけロマンシュ語を話す人と出会いました。

ロマンシュ語は、イタリア語の方言のような言葉です。

それなら、スイスドイツ語も新しい言語として公式に認定されても良いと思いますが…笑

最後に

以上、スイスの公用語について僕の体験談と共に紹介しました。

4つの公用語の中にも方言があり、結局4つ以上言語があるような感じもありますが…

スイスではこういう環境下からか、英語が話せる人が比較的に多いように感じます。(あまり喋れない人もいますが)

まずは僕はドイツ語の勉強と並行して、スイスドイツ語も勉強してこうと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

スイス料理は最高!!伝統的なスイス料理6選

またまたサッカーには関係ないテーマではありますが

「食事もトレーニング」と言われているとおり

スポーツ選手にとって栄養管理も大事なことです。

そんなスイスで僕の栄養管理を脅かす

6つの美味しいスイスの伝統的な料理を紹介したいと思います。

ちなみにこの6つの中にノミネートされてませんが、

チョコレートは僕の大好物で、スイスのチョコレートも本当にほっぺたが落ちるくらい美味しいです。

多分、後々スイスチョコレートについての記事を書くと思います。

初めに

まず初めに言いたいのは、スイス産の食材は基本的に質が高いです。

農業や家畜の規則が厳しく、安全そして高品質の食材が提供されるように管理されているそうです。

実際、お肉も卵も野菜も果物も、スイスで売られている外国産の食品と比較すると圧倒的にスイスの食材の方が美味しいです。味音痴の僕でもわかります。

その分スイス産の食材はもちろん値段が高くなりますが、それは払う価値のあるものだと個人的には感じています。

1. ラクレット

ラクレットは日本でも食べたことがありますが、スイスでは冬の定番とも言える料理だと思います。

とある家庭では冬に頻繁にラクレットが登場するそうで、何度も食べている内に飽きてしまい、当分チーズは食べたくなくなる人もいるとかいないとか。

スイスといえばチーズというのが、僕のスイスに来る前のイメージでしたが、まさにラクレットはスイスを代表する伝統的な料理であり、友達同士や家族で食べる料理です。

一応、下記イメージになります。

出典https://www.galaxus.ch

 

2. チーズフォンデュ

こちらも有名ですが、スイスではラクレット同様、冬の定番料理となります。こちらも家族や友達で鍋を囲んで食べます。

ちなみにスイスではチーズフォンデュをパンかジャガイモで食べるのが主流ですが、リンゴをチーズにつけて食べる人もいます。

僕が最初にそれを見た時は、美味しいかどうか半信半疑でしたが、試してみるとリンゴの酸味と甘みがチーズとマッチして美味しかったです。ぜひ皆様も試して見てください。

ちなみに僕が友人とチーズフォンデュを食べている時にこんな事がありました。

たける(筆者)
たける(筆者)
あっごめん、ジャガイモを鍋の中に落としちゃった!
はい、じゃあグラスを持って!! お酒を一気飲みね!!
友達
友達

 

 

と言うように、スイスでは、チーズフォンデュの鍋にパンやジャガイモを浸している時に落としてしまった人は、罰としてお酒を一気飲みしなければならないという恐ろしいルールを設ける人もいるので、集中力も必要です。

すいません、大袈裟に言いました。大体の人は冗談で言ってくるので大丈夫です。

それから、フォンデュの底に少し焦げて固まったチーズが残るのですが、これも美味しいです。

ちなみにこれにも名称があり、「おばあちゃん」と呼ぶそうです。理由は匂いが加齢臭の匂いがするからだそうです

ちなみに、ラクレットやチーズフォンデュを家で行った後は、しばらく家の中がチーズ臭くなるので、次の日に大事な会議やデートがある人は控えた方がいいかもしれないです。

出典https://adservice.google.com

3. リュスティ

これは僕がスイスに来てから初めて知った料理でしたが、簡単に言うとジャガイモを細かく刻んで焼いた料理です。

出典wikipedia

ジャガイモが大好きな僕にとって、この料理は大好物で、いつもレストランに行くと、まずリュスティがあるかどうか確認します。

そして、レストランや家庭によってトッピングや味付けが違うので、まさに日本でいう「味噌汁」に当たるものかもしれません。汁物ではありませんが。

ちなみにリュスティを作るためにジャガイモを細かく刻むのですが、そのための大根おろしのような形のジャガイモおろしがスイスには売られていています。

それをお土産として、友人に送ったことがあります。

4. フォンデュシノワーズ

フォンデュという言葉から、鍋に何かをつけて食べるというのを想像した方もいるかもしれませんが、その通りです。

薄く切られた牛肉や豚肉を鍋の中のブイヨンに泳がせて、その後数種類のソースをつけて食べる、まさに日本の「しゃぶしゃぶ」のようなものです。

イメージはこんな感じ。

出典Wikipedia

僕自身、しゃぶしゃぶが大好きなので、しゃぶしゃぶが恋しくなったら、フォンデュシノワーズを食べます。

5. ライスカシミア

これはバナナ、パイナップル、そしてスモモの果肉入りで甘みをつけたカレールーにローストアーモンドを添えた、カレーライスです。

カレーはインド発祥の食べ物ですが、このカレーはスイス発祥です。

カレー同様、鳥肉か豚肉か牛肉からのお肉と一緒に食べたりもします。

カレーに沢山のフルーツの果肉が入っているので、少し抵抗がありましたが、美味しいです。

見た目はこんな感じです。

出典Wikipedia

これだったら日本でも、カレーの要領で作ればいいので、簡単に作れるかもしれないです。

6. エルプラーマグローネン

マカロニ(またはペンネ)、ジャガイモ、クリーム、チーズと玉ねぎからなるスイスアルプス地方発祥の料理です。

僕が食べた時は細かく刻んだベーコンも入ってました。

クリーミーなジャガイモとマカロニのミックスに炒めた玉ねぎとカリカリのベーコンがとてもマッチして、お美味しいです。

マカロニの代わりにペンネを使う場合もあります。僕はマカロニの方しか食べた事はありませんが、ペンネでも違った美味しさが感じられると思いました。

出典https://www.bettybossi.ch

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

僕はこの記事を書いてて、お腹が空きました。

これを読んで、スイス料理がチーズだけでは無いことを証明できたのではないでしょうか。

皆様がスイスに来れられた際には、これらスイス料理をぜひ食べてみて下さい!!以上、伝統的なスイス料理6選でした。ありがとうございました。

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

スイスの水道水

最近スイスでのサッカー生活の事を書いていましたが、サッカーをする時もいつも飲んでいる「水」に関する事を書きます。

日本では、当たり前のように水道水を飲めますが、水道水を飲めない国の方が世界的に見ると、少ないと思います。

1.  スイスの水道水は安全

僕もこれまで様々な国を訪れて、水道水が飲めない時も多々ありましたが、実際に生活をしたのは日本とドイツとスイスだけなので、幸いな事に普段の生活ではいつも水道水を飲めてます。

しかし、ドイツにいる時に出会ったドイツ人はあまり水道水を飲んでいるイメージはなく、いつも大量の炭酸水を買っていた記憶があります。

事実、僕がプレーしていたサッカーチームでは、いつも瓶かペットボトルで売られている炭酸水を練習や試合の時に提供されていました。もしかしたら、チームによっては水道水を飲んでいたかもしれませんが。

とにかく、スイスの水道水は飲んでも大丈夫なぐらい安全です。

2. スイスの水道水は美味しい

そして、僕は現在、スイスで生活をしていて、サッカーのプレー中でも、普段でも水道水を飲んでます。僕は日本であまり水自体をあまり飲まなかったのですが、スイスに来てからは美味しいからか頻繁に水を飲むようになりました。ちなみに初めてスイスに来た時に驚いた事は、街の所々に噴水があり、通行人が噴水から出てくる水を飲んでいたことです。特に暑い日は、僕も噴水を見つけると飲む事も多いです。

3. スイスの水道水はお財布に優しい

この事に関しては、他の記事(物価が高いスイスでの節約方法)でも紹介した通り、スイスは物価が高いので、いつもペットの水を買っていたら、経済的に大きな負担になります。スイスの水道水は飲んでも大丈夫という安全性も確保されてますし、純粋に美味しいので、水にお金をかける必要が減りました。

噴水はこんな感じ ↓↓

4. スイスの水は硬水

ちなみに知っている方も多いかもしれませんが、スイスの水は硬水です。僕は軟水でも硬水でもどっちでも大丈夫ですが、敏感な人には慣れるまで辛いかもしれません。日本人の中学生達が一週間ドイツ合宿をしていたのですが、4日目ぐらいに軟水の水を買って来てあげたら、凄いスピードで飲んでました。

逆にスイス人の人からすると軟水は苦手かもしれません。僕が日本で出会ったスイス人は日本の軟水を飲んで、

「ヌルッとしてて、少し気持ち悪い」

と言っていました。「そんな大袈裟な」と当時は思っていましたが、僕も最近硬水に慣れ始めたので、次に日本に帰った時に水を飲んだら、喉越しの感じ方が変わってるかもしれません。少し楽しみです。

後は、飲み水としてではなくて、シャワーの時の話。これは僕の髪質が関係しているのかもしれませんが、シャワーを浴びた後は、髪がキシキシになる気がします。これは硬水のせいなのか、何かスイスの水道水には日本の水には入っていない成分が入っているのが原因かは分かりませんが、この時に水の違いを一番感じます。

5. 最後に

ここまで、ただただスイスの水道水の話をしてきましたが、市販のミネラルウォーターを飲むよりも、スイスの水道水を飲む方が、「環境にも良い」と言うことも強調しておきたいです。市販のミネラルウォーターが僕たちの手元に届くまでには、沢山の過程があります。ペットボトルを製造したり、水を各スーパーにトラックで運送したりと、考えたら沢山の資源を必要とします。

その点、水道水の方が環境への負担も少ないと言う事は、説明をしなくても周知の事実だと思います。

この水と環境問題に関する詳しい記事 「水道の水が一番」by SWI swissinfo.ch

以上、スイスの水道水についてでした!ここまで読んで頂きありがとうございました。ぜひ、スイスに訪れた際に噴水を見つけたら、飲んで見てください!!

(注意: たまに飲んではいけない噴水もあるので噴水に飲料不可のマークがないかだけ確認してから飲んでください。)

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから