イギリス映画に出演?

ロンドンの映画にエキストラ出演した話。

2016年にドイツでイギリス映画「55 Steps」という映画の撮影をしたのですが、最近そのDVDを手に入れて、視聴したので、ブログを書きます。

この映画の中には、ハリーポッターやアリスインワンダーランドなどにも出演している女優ヘレナ・ボナム=カーターもいました。

ヘレナ・ボナム=カーター

ドイツで知り合った代理人(エキストラなどの案件を紹介してくれる)に誘われて、時給も良かったので参加したのがキッカケでした。

僕が撮影に参加したのは、3シーン。

1. 80年代の大学で学生エキストラ
2. 中華レストランで客エキストラ
3. 式典シーンの客エキストラ

こんな感じだったのですが、まず1つ目のシーンで、80年代の学生ということで、まず80年代風の衣装を着させられ、髪型もワックスでシチサンにさせられました。

そして、終いには

「君の髭は、今時すぎるから剃るね」

と言われ、鼻下の髭を全て剃られたあげく、不思議なことにもみ上げも全部剃られました…

一瞬の出来事に戸惑いながらも、

「イギリス映画に出演するんだから仕方ないか…」

と切り替えて、撮影に臨みました。

撮影中は炎天下。そんな中、待ち時間がとにかく長く、一緒にエキストラをしていたドイツ人のひょろ長い色白の青年と仲良くなりました。

「太陽の光を浴びたのが久しぶりだ」

と彼は特に炎天下での待ち時間が辛そうでした。

そして、映画を見てると…このシーンは、主演女優にカメラがフォーカスしており、僕が画面に映らず…

そして、2つ目のシーン。

中華レストランでのシーン。

「僕は日本人だから、ここがチャンスだ!!」

と思い、さりげなく主演女優が座る席の近くに座ったのですが、ここもカメラのフォーカスが女優に向いており、映らず…無念…

ただ、このシーンの時の休憩時にヘレナ・ボナム=カーターが僕の隣に座ってました。ずっと心の中で

「アバダケダブラやられたらどうしよう」(ハリーポッターでの死の呪文)

と心配になりつつ、隣で座っていると

「あなたは、どこの出身?」

と不意に聞かれて、意表を突かれた僕は、”どこから来たのか?”と聞き間違えてしまい

「コブレンツです。」

と答えてしまい、その後のスモールトークは、アジア人の容姿をしたコブレンツ出身の人という程で話が進んでしまいました。

(隣に座っていたエキストラの子が、「あなた日本出身でしょ!」と言ってきて、後で初めて気づきました。)

そして、3つ目のシーン。

大ホールで映画最期のクライマックスのシーン。
このシーンは、人が多かったので、「僕は映らないだろうなぁ」と思っていた矢先、奇跡が起こりました!!!

なんと映りました。笑

そのシーンがこちら。

D519DC70-C521-4741-8698-19D3DCF688BE

色黒すぎて、見えづらですが…
見える人には見えると思います。

これでイギリス映画デビューと呼んでもいいですか?
いいですよね?
えっ?ダメですか?

兎にも角にも、今となっては、いい思い出でした。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

スイスのスポーツショップ勤務

もうすぐで31年続いた平成が終焉を迎え、新しい年号である令和に変わります…

早いもので、僕もスイスに来てから1年が経ちました。

「サッカー選手として飯を食っていく」ことが為すべきこと、いや、これから為すことですが、

僕のチームのスポンサー様である「Taurus Sport(タウルス スポーツ)」様から社員として働くオファーを頂き、サッカー活動と勤務時間の調整を条件に働かせて頂けることになりました。

このように働いている職場からもサッカーを応援してもらえる事は、とても嬉しいです。

場所は、チューリヒ空港からバスで5分ほどの距離にあるKlotenという場所にあります。

ちょっと分かりづらい所にありますが、結構大きな建物なので、すぐに目につくと思います。

ぜひ皆様遊びに来て下さい😊

さて、スイスのスポーツショップでの勤務ですが、まだまだ学ぶことが沢山あります。

まずは、言語です。

高地ドイツ語でコミュニケーションが取れるようになったものの、スイス人のお客様に声をかけると、スイスドイツ語で返答が返ってきます。

勤務初日は、本当に聞き取れず、

「このアジア人の男の子は大丈夫かな?」

と言わんばかりの表情をする人も😓

実際、今でもそうですが、僕に質問してから、その後また違う従業員に同じ質問をするお客様もいます…

そういう時は申し訳ない気持ちになります🙌

ですが、段々と聞き取れるようになってきました…
電話の対応になると恐ろしいですが…

とにかく、僕が話す高地ドイツ語は理解してもらえるので、リスニング力をもっと上げていこうと思います💪

ちなみにスイスで働いていて、驚くことがいくつかありました。

1つは、

長期的な有給

を取れるということです。

例えば、僕らのスポーツショップの責任者は、現在3週間の有給を取っていて、スポーツショップにはあと2週間きません。

それでも、今のところ何の問題もなくお店が回っています。

会社によって違いはあるかもしれませんが、スイス人は基本的に長期的な有給を取ります!

その間に海外に旅行に行く人も少なくありません。

僕の知り合いで、今日本に旅行に行っている人が何人かいます。

もう一つ驚いた事は

残業した分を給与で精算するのではなく、時間で精算される事です。

つまり、長く働いた分、有給をもらえます。

確かに、このルールの方が効率的に働く為の方法を考えるようになるかもしれません☝️

ちなみに、スイス人の人達は、ドイツと比べると残業して働く人が多いような気がします💦そして、いつも真面目に働いているイメージがあります。

3つ目は

上司と部下の関係がフラットです。

ドイツでは、上司に対して「Sie」(丁寧な呼称)を使うことが多かったのに対して、スイスでは「Du」(よりフレンドリーな呼称)を使います。

もしかしたら、そうでない会社もあるかもしれませんが、僕のところは少なくとも全員とDuです。

他に印象的な事は、給与が高いという事です。

これに関しては、物価が高いスイスでは、もちろん給与も高くないと暮らしていけないので、納得です💦

このように労働環境においても、日本と違う部分が沢山見受けられて、興味深いです☝️

僕の仕事仲間は若い子が多いです。

下は写真。

10代の子が半数以上…若いパワーに負けず頑張ってます💪

18歳のコロンビア人ハーフの子に少し舐められてるのが、気になりますが、スイスには年功序列がないので、気にせず頑張ります💪

それでは、また!

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

スイスの公用語は4言語!!

 

今回は、スイスの公用語について書きます。

スイス国内で4ヶ国語が話されています。

・ドイツ語
・フランス語
・イタリア語
・ロマンシュ語

しかし、全スイス人が4つの言語を
喋れるということではありません。

地域によって、話す言語が変わります。

これら地域と言語の関係性を紹介します。

ドイツ語圏

都市:
チューリヒ
ベルン
ルツェアン

出典: wikipedia

写真黄色がドイツ語圏。

スイスの中で最も話されている公用語がドイツ語です。

しかし、スイスドイツ語というドイツ語の方言です。

 

例: 僕が初めてスイスに来て、駅員と話をした時のこと。

たける(筆者)
たける(筆者)
チューリヒ州全体で使える定期を買いたいです。
#>\%$|**\>>|* (スイスドイツ語)
駅員
駅員
たける(筆者)
たける(筆者)
ごめん、ドイツ語理解できるけど、
スイスドイツ語は出来ない…
スイスドイツ語は方言じゃなくて【1つの言語】だからね 笑
駅員
駅員
たける(筆者)
たける(筆者)
……

このように訛りは強いです

さらにスイスドイツ語圏内にも方言が存在します。

例えば、スイス南部のヴァリス州

語学学校でヴァリス州のスイス人女性と知り合いました。

まずドイツ語圏のスイス人が外国人と一緒にドイツ語を勉強しているのが不思議な感じですが…

彼女のスイスドイツ語は、担任の先生も理解出来ませんでした。

スイスでドイツ語でコミュニケーションを取るのは難しい。

ちなみに僕のサッカーチームの公用語はチューリヒ訛りのスイスドイツ語です。

まだまだ周囲とのコミュニケーションに難ありです。

スイスドイツ語の勉強も頑張ります。

フランス語圏

都市:
ジュネーヴ
ローザンヌ
ヌシャーテル

出典: wikipedia

写真紫色がフランス語圏。

スイス国内の中でも、フランス寄りの西南地域がフランス語圏になっています。

僕がマルタ島の語学学校に通っていた時に、初めてスイス人と知り合いました。

そのスイス人のクリストファー君が、ローザンヌ出身でフランス語を

母国語としていました。

当時、スイス人はドイツ語が喋れると思っていたので

彼にドイツ語で話しかけると

「僕はドイツ語を喋れないんだ…」

と彼に残念そうに言われて、ショックだったのを覚えてます。

この時にスイスが公用語が4つある事を知りました。

イタリア語圏

都市:
ルガーノ
ルカルノ

出典: wikipedia

写真緑色がイタリア語圏。

スイスの南部に位置するテシーン州がイタリア語圏になります。

W杯2018開幕前のサッカー日本代表対スイス代表の国際親善マッチがイタリア語圏であるルガーノで行われて、僕も観に行ってきました。

当時、ドイツ語が通じないという事を忘れていて、レストランで注文する時にドイツ語で話しかけてしまいウェイターを困らせたのを覚えています。

テシーン州のルガーノやルカルノはリゾート地としても有名です。

ロマンシュ語

出典: wikipedia

写真赤色がロマンシュ語圏。

スイスの南東部に位置するグラウビュンデン州の一部のみが話せる言語です。

ロマンシュ語はスイス公用語の中で一番話者数が少ない言語です。

東スイスのPizolをハイキングしている時に一度だけロマンシュ語を話す人と出会いました。

ロマンシュ語は、イタリア語の方言のような言葉です。

それなら、スイスドイツ語も新しい言語として公式に認定されても良いと思いますが…笑

最後に

以上、スイスの公用語について僕の体験談と共に紹介しました。

4つの公用語の中にも方言があり、結局4つ以上言語があるような感じもありますが…

スイスではこういう環境下からか、英語が話せる人が比較的に多いように感じます。(あまり喋れない人もいますが)

まずは僕はドイツ語の勉強と並行して、スイスドイツ語も勉強してこうと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから