僕がフロアボール日本代表を応援する理由。

キッカケは、フロアボール女子日本代表高橋選手からのコメントでした。

Twitterでこのメッセージを頂いた時に脈が早くなっているのが分かるぐらい、気持ちが高揚していました。

応援したい!とにかく応援したい!

そう直感的に感じたのには、理由がありました。

ブンデスリーガ女子チームでの体験

一つは、ドイツ留学中にブンデスリーガ女子のチームでインターンをした時の経験です。

インターン先のチームは、ボルシア・メルヒェングラッドバッハ(以下BMG)というチームで、ドイツ国内では、ビッククラブの一つです。そこの女子チームのジェネラル・マネージャーの下で約半年間勉強させて頂きました。

まず僕が驚いたことは、男子と女子チームの環境の違いでした。

BMG程のドイツの有名クラブであれば、男子チームと多少の違いはあれど、そんなに変わらないだろうと勝手に自分の中で思い込んでいました。しかし、現実は厳しく、男子チームと同じように練習をして、全てをサッカーに捧げているトップレベルの選手でも、ほんの僅かの給料しかもらえず、観客も少ない。

同じスポーツでも性別が違うだけで、これだけ変わってしまうという事を体感しました。

当時は、選手達、特に熱心なコーチ陣と過ごす時間が長かったので、この現状を他人事とは思えず、悔しい気持ちが芽生えていました。しかし、時間が経つのはあっという間。何もアクションを起こさないまま、ただ悔しい気持ちを抱いたまま、インターンは終了しました。

そして、それを機に僕は、ベンチャースポーツやマイナースポーツにも興味を持つようになりました。

フロアボール日本代表選手との偶然の出会い

そして、僕がスイスのチューリヒでサッカーを始めてから3ヶ月ぐらいがたった時に、とあるチューリヒ在住日本人ハーフの少年からFacebookに連絡がきました。

「初めまして、フロアボール日本代表のKです。ぜひお会いしたいです!」

彼は、僕の所属しているサッカーチームの近くに住んでいて、巷の噂で僕について耳にして、連絡をくれたのでした。

これも何かのご縁だと思い、彼と会いました。

そこで初めてフロアボールについて知り、色々話を聞いていくうちにマイナースポーツの厳しい現状も教えてもらいました。

スポーツショップに勤務

僕が働いているスポーツショップで、フロアボールの商品が売られています。それも、サッカーに次いで、2番目に多く商品を取り揃えています。そこでTwitterでこんな事を呟きました。

そして、このツイートにいくつかの返信が。

そう、このツイートに高橋選手が上述したコメントをくれたのです!

ここまで聞いても、何で僕が応援しているのか分からないという人が多いかもしれません。

僕も正直、詳しく説明しろと言われても難しいです…

だだ言えることは、「ドイツで何もできなかった悔しさ」、「フロアボールとの偶然の出会い」そして「僕が今住んでいるスイスで日本代表が日の丸を背負って世界選手権に挑む事」が、僕を突き動かしたのです。

#ネクストフロアボールに込められた想い

世界選手権開幕は12月7日。もう開幕まで間も無くです。

今大会を通して、日本フロアボールが、世界選手権グループリーグ突破、フロアボールの知名度UPなど競技発展のNextfloor(次の階)に登れるように、#ネクストフロアボールというハッシュタグを作りました!!

#ネクストフロアボールというハッシュタグと共に応援メッセージをツイートして、日本代表を応援しましょう!!

 

頑張れ!!ニッポン!!

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

イギリス映画に出演?

ロンドンの映画にエキストラ出演した話。

2016年にドイツでイギリス映画「55 Steps」という映画の撮影をしたのですが、最近そのDVDを手に入れて、視聴したので、ブログを書きます。

この映画の中には、ハリーポッターやアリスインワンダーランドなどにも出演している女優ヘレナ・ボナム=カーターもいました。

ヘレナ・ボナム=カーター

ドイツで知り合った代理人(エキストラなどの案件を紹介してくれる)に誘われて、時給も良かったので参加したのがキッカケでした。

僕が撮影に参加したのは、3シーン。

1. 80年代の大学で学生エキストラ
2. 中華レストランで客エキストラ
3. 式典シーンの客エキストラ

こんな感じだったのですが、まず1つ目のシーンで、80年代の学生ということで、まず80年代風の衣装を着させられ、髪型もワックスでシチサンにさせられました。

そして、終いには

「君の髭は、今時すぎるから剃るね」

と言われ、鼻下の髭を全て剃られたあげく、不思議なことにもみ上げも全部剃られました…

一瞬の出来事に戸惑いながらも、

「イギリス映画に出演するんだから仕方ないか…」

と切り替えて、撮影に臨みました。

撮影中は炎天下。そんな中、待ち時間がとにかく長く、一緒にエキストラをしていたドイツ人のひょろ長い色白の青年と仲良くなりました。

「太陽の光を浴びたのが久しぶりだ」

と彼は特に炎天下での待ち時間が辛そうでした。

そして、映画を見てると…このシーンは、主演女優にカメラがフォーカスしており、僕が画面に映らず…

そして、2つ目のシーン。

中華レストランでのシーン。

「僕は日本人だから、ここがチャンスだ!!」

と思い、さりげなく主演女優が座る席の近くに座ったのですが、ここもカメラのフォーカスが女優に向いており、映らず…無念…

ただ、このシーンの時の休憩時にヘレナ・ボナム=カーターが僕の隣に座ってました。ずっと心の中で

「アバダケダブラやられたらどうしよう」(ハリーポッターでの死の呪文)

と心配になりつつ、隣で座っていると

「あなたは、どこの出身?」

と不意に聞かれて、意表を突かれた僕は、”どこから来たのか?”と聞き間違えてしまい

「コブレンツです。」

と答えてしまい、その後のスモールトークは、アジア人の容姿をしたコブレンツ出身の人という程で話が進んでしまいました。

(隣に座っていたエキストラの子が、「あなた日本出身でしょ!」と言ってきて、後で初めて気づきました。)

そして、3つ目のシーン。

大ホールで映画最期のクライマックスのシーン。
このシーンは、人が多かったので、「僕は映らないだろうなぁ」と思っていた矢先、奇跡が起こりました!!!

なんと映りました。笑

そのシーンがこちら。

D519DC70-C521-4741-8698-19D3DCF688BE

色黒すぎて、見えづらですが…
見える人には見えると思います。

これでイギリス映画デビューと呼んでもいいですか?
いいですよね?
えっ?ダメですか?

兎にも角にも、今となっては、いい思い出でした。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

試合 vs FC ルガーノ-プロ予備軍-

先週の日曜日、FC Lugano(ルガーノ)というスイスのトップリーグで、ヨーロッパリーグなどにも参戦することのあるチームの2軍チームと試合でした。

ルガーノはスイスの中でもイタリア語圏の地域なので相手チームの監督や選手達はイタリア語を話してました。

同じ国内の中でも外国のチームと試合しているような雰囲気でした💦

うちの監督は、試合の前のミーティングまで先発メンバーを言わないのですが、この試合で僕は先発起用されず…ベンチスタートでした。
ここまでコンスタントに試合に出てた分、いきなり先発から外されるのは、やはり悔しいですし、理解し難い気持ちになります。

そして、試合は、開始からすぐに失点。試合の雲行きが怪しくなりましたが、その20分後ぐらいに1-1に追いつき、前半は終了。

僕のポジションは、今シーズンは基本的にはサイドバックなので、途中交代の可能性は、攻めの選手と比べると少ないのが現状です…

そして、後半。僕を含めベンチメンバーがアップをしている中、途中交代で投入された選手が、追加点!!
うちのチームが試合をひっくり返しました!
まだかまだかと、監督から僕の名前が呼ばれるのを待っていましたが、試合時間残り2分で、まさかの失点💦

最後の最後で2-2に追いつかれ、僕の出場機会もなく、引き分けに終わりました。
試合が終わった後、他の選手とコンディションの差をつけない為にも、グランドで走っていると、いつも試合を見に来てくれるおじさんが僕のところへ来て

「試合に出れなくて残念だけど、今は踏ん張れ!」

と抱擁をして、激励の言葉をくれました。応援してくれる人がいる事は、本当にありがたいです。

チーム自体も順位が下がってしまいましたが、引き続き、今週も頑張ってきます🔥

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから