移籍か残留か。スイスで初オファー

2019年も12分の1が終わり、2月に入りました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 寒い冬も暖かい春を目指して乗り越えていきましょう!!
さて、1月末にいつもお世話になっているチューリヒ日本人会の新年会にて、簡単なスピーチをさせて頂きました。スイスに来てまだ間もない新参者で、まだまだ尻の青い僕をサポートして頂き本当に有難いです。

皆様にサプライズを届けられるよう頑張ります💪

と意気込んでいたのですが、このスピーチの次の日に、歯の根っこの切断の手術をしました。全身麻酔をして、歯茎を切断して、歯の根っこを取り除き、新しい根を入れるという治療でした。

治療後は僕の頬は膨れ上がり、痛みも強く、ご飯もスープやスムージーだけ食べてもいいという状況でした。
無論、歯医者さんからはスポーツは1週間厳禁。絶対安静でした。
チームも始動し始め、昇格という目標に向けて、新加入の選手と共に練習と試合をしている期間に、自分は家で安静にしなければならない状況に申し訳なさを感じてきました。

そんなある日、Facebookで僕の知らない人から、メッセージが。

それは、格上のチームの監督からの「お誘いメール」でした。

「このタイミングでかぁ」

と思いました。正直言うと、このオファーは結構嬉しかったです。自分が知らないところで、僕のことを見てくれている人がいるんだなと。

しかし、ここで移籍をするかどうかはかなり迷いました。この1月の終わりの時期に移籍をするということは、昇格を目指しているチームにとって、かなりの迷惑をかけます。僕が抜けた場合、もちろん僕がいなくなった穴を埋めなければなりません。その為に新しい選手を探すというのが移籍の流れですが、この時期に探し始めて新しい選手を獲得するというのは、本当に困難です。僕はドイツでプレーしていた時にこの事を学びました。

それゆえ僕の心の中は、残留の決断に80%、移籍に20%ぐらいの比率でした。

「このオファーは僕にとって、又とないチャンスなのかもしれない。」

という迷いもありました。家で安静にしなければならない上に、急なオファーに今の自分では冷静に判断が出来ないと思い、プライベートでも仲が良い選手にこの事を話すと、

「そっか…今のチームは素晴らしくて、一緒に昇格をしたかったから残念だけど、お前が上のカテゴリーでプレーしたい気持ちも理解できる。どちらにせよ、お前の決断を尊重する」

と言われたのですが、声のトーンは明らかに残念なトーン。彼は仲間思いで、途轍もなく優しい男なので、引き止めなかったのだろうと察しました。

そして、僕のチームの監督にも連絡する事に決めました。僕がどちらに決断するにせよ、決断してから監督と話すことは不公平だと思ったからです。

そして、監督にメッセージを書きました。

「〇〇チームからオファーをもらった。明日、直接話しがしたい。」

すると、秒速で電話がかかってきました。監督は、スイスドイツ語訛りのドイツ語で話すので、電話は嫌だなぁと思いつつ、電話に出ると

ダメだ!この移籍は俺は認めない

と言い放ってからは、感情が高ぶってるせいか、スイスドイツ語で話してきました。でも、その中で僕が間違いなく聞き取れた言葉がありました。

お前がいなくなったらこのチームは崩壊する。だから、このチームで一緒に昇格しよう。

その言葉を聞いて、僕は残留しようと即決しました
これまで昇格を目指して、汗水流して頑張ってきた仲間達の頑張りを僕一人で壊してはいけないという責任感と

ここまで、一緒に昇格を目指して戦ってきた仲間と昇格したい!

という強い気持ちが決め手になりました。

もしかしたら、僕はまだまだ甘い考え方なのかもしれません。
「他人は関係ない。自分が大事だ」
という考え方もあると思います。

でも、僕はこれまで沢山の人に助けられてきて、今ここまで来れた人間だからこそ、人を大切にしたいとも思っています。

このチームで昇格してみせます。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

初めてドイツの歯医者で治療して驚いたこと。

小さい時から唯一行きたくない場所があります。歯医者です。2年間ドイツにいる間は、口内に何も問題がなかったので、良かったのですが、スイスに来て10ヶ月…ついに虫歯を発見してしまいました。多分、スイスチョコレートが美味しくて食べ過ぎで出来てしまったのかな…

ということで、スイスの歯医者に行こうかなと思ったら、とんでもない値段…保険も従来の保険では対応できず…

日本に歯医者に行く為に帰国も考えましたが、僕の住んでいる所からドイツの国境が近いので、ドイツの歯医者に行くことにしました。とはいえ、日本で治療するよりもドイツで治療する方が高いですが…もちろんドイツの保険も適用できないので。

そして、歯医者へ行ってみると、患者のための駐車場の車のナンバーがほとんどスイスナンバー。スイス人にとっても、スイスの歯医者は経済的に厳しいのだなと思いつつ、受付を済ませて治療を受けました。治療中、僕が今まで日本で受けて来たものと違い、驚いたことがいくつかありました。

6回麻酔注射

まずは治療をする前の恒例の麻酔注射。本来であれば1回〜2回だと思っていたのですが、予想を大きく上回り6回。2日目の注射でもう痛みは感じないので、よかったのですが、麻酔切れたら、めちゃくちゃ痛いだろうな思いながらも取り敢えず、そのまま黙ってました。

治療中全く痛みはない

さすがにこれだけ麻酔注射を打てば、治療中に痛みはありません。もはや、舌の半分の感覚もないぐらいでしたが、今まで治療中に激しい痛みを耐え忍んで来た僕にとってとてもポジティブな驚きでした。

あの一言がない…

これはどこの歯医者もそうなのかわかりませんが、僕が通っていた歯医者は、いつも治療中の合間に、「お口を閉じて良いですよ」と言われるのですが、ここのドイツの歯医者では言われず、治療中はずっと口を大きく開いていました。そのせいか、いつも使っていない顎の付け根の筋肉が筋肉痛になりました。

治療時間が短い

恥ずかしいことに、2箇所に虫歯があったのですが、両方の歯の治療は合わせて40分で終わりました。なんか早すぎて心配になりましたが、今の所なんの問題もないので、多分大丈夫だと思います。何度も歯医者に通うのは骨折りなので、これも僕にとってかなりポジティブな驚きでした。ちなみに治療の料金は、レントゲンや特別な詰め物などの治療は含めなければ、基本的に治療時間で料金が決まります。ちなみに僕は40分の治療を受けて、200ユーロぐらいでした。ドイツで安いのか、高いのかわかりませんが、スイスと比較するとかなり格安です。

治療後は注射箇所激痛

先ほども述べたとおり、予想が的中しました。治療が終わって、2時間後ぐらいに麻酔が切れ始めた頃、治療した所と関係のない歯茎の部分に痛みを感じて来ました。そして、すぐにそれが麻酔注射を打った場所だと直ぐに気づきました。痛みを感じない為に、痛みを余儀無くされると言う、本末転倒な気もしますが、治療中の痛みよりは、痛くないので結果的には良かったです。

いくつになっても虫歯は嫌だなと改めて痛感しました。日本に帰国した際などに治療しれもらえる場合は、料金的にも精神的にも、その方がいいなと思いました。以上、何か皆様のお役に立てたらなと思います。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

ブンデスリーガのチームでインターンをして気付いたこと。

僕は、2015年8月から12月末までの約4カ月間、ドイツブンデスリーガ1部のボルシアメンフェングラッドバッハの女子チームでインターンシップをやらせて頂きました。

役職は、GMのアシスタント。

チームのコンセプトの確認、短期的なトレーニングメニューのプラン作成、そして練習前と後のミーティングなどなど色々な事に携わらせて頂きました。

若い選手のスカウティングでオランダに行った事もありました。そんなインターンをやっていて、サッカー大国ドイツの中でも優れた指導者である彼らから学んだ事をまとめて見ました。

1 サッカーが大好き

本当にみんなサッカーヲタクで、練習前も練習後もミーティングをするのですが、サッカーの話が尽きることはありませんでした。僕もサッカーは、やるだけでなく観るのも好きなので、練習後のサッカー談義で帰りが夜中の2時になる事もありました。僕はこの時に、「僕も好きな事で仕事をしたい。」と考えるようになりました。

2 こだわりがすごい

練習メニューは事前にある程度のプランは立てるのですが、マーカーの位置なども1ミリ単位で配置などを考えていると言っても過言ではないぐらい、こだわりが凄いです。チームのコンセプト、前節の課題、次節の戦術、そして選手のコンディションなど、様々な視点から観てベストな選択を選んでいるように感じました。「ただ、なんとなく」という言葉は、グランド内に存在しませんでした。

3 柔軟な対応

前述した通り、練習メニューのプランを緻密に練り上げますが、練習が始まると計画していた事と全く違う事をやったりもします。せっかく、時間をかけて作った練習メニューですが、選手達の実際のパフォーマンスと自分が想像していたパフォーマンスに異なりがあると、瞬時に新しいルールを加えたり、練習メニューを変更したりしてました。その柔軟な対応に経験値と創造力を感じました。

4 怒らない

ブンデスリーガの試合などを観ていると、怒鳴っている監督などを頻繁に観るので、一概に良いとは言えませんが、少なくとも僕のいた現場では、監督が選手を怒るという光景は目にしませんでした。しかし、大事だと思った事や言っておきたい事などがある時には、熱意を持って話していました。練習の雰囲気が緩い時などは、練習メニューに問題があると捉えて、追加のルールや、練習の内容の変更を行っていました。言葉や感情で選手達のモチベーションを変えるだけでなく、練習内容で変えるという事を学びました。

5 クリエイティブ

長期的なチームのコンセプト、集中的に改善したい点、また選手達のモチベショーンを高い位置で保つなど様々な要素を頭に入れて練習メニューを考えます。そして僕が今まで見たこともないような練習が何個もありました。そして、練習メニューを考えている時も遊び心を持ちながら、楽しんでいました。それを見て、本当にこの仕事は彼らの本職だなと感じさせられました。

6 チームの環境作りが上手い

当時1軍と2軍が頻繁に一緒にトレーニングしていました。本来であれば、人数も増えますし、1軍の選手と2軍の選手では能力にも差があります。疑問に思った僕は監督に質問すると、「この方が競争率が高くなる。2軍の選手は練習で1軍に上がれるチャンスがあり、1軍の選手は気を抜けば2軍に落ちてしまうという気持ちになる。」という答えが帰ってきました。2軍の選手も、全員が上を目指している選手達だからこそ、上手く機能した環境作りであり、さすが選手達を良く観ているなと感動しました。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

以上、僕がボルシア・メルヒェン・グラッドバッハで気づいた事でした。ここに書かれていることは、もしかしたら当たり前のことのように感じる方もいるかもしれませんが、それが答えだと思います。世界トップクラブの育成コーチも当たり前のことを高次元で行います。僕自身、選手をやりながらこのようなインターンシップをやったことで、新たな視点からサッカーを見れましたし、サッカーチームだけに限らず、他の組織においても大切なことが含まれているのかなと思いました。

このインターンでの失敗談もあります。

よろしければこちらもどうぞ: ブンデスリーガのチームでインターン

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから