イギリス映画に出演?

ロンドンの映画にエキストラ出演した話。

2016年にドイツでイギリス映画「55 Steps」という映画の撮影をしたのですが、最近そのDVDを手に入れて、視聴したので、ブログを書きます。

この映画の中には、ハリーポッターやアリスインワンダーランドなどにも出演している女優ヘレナ・ボナム=カーターもいました。

ヘレナ・ボナム=カーター

ドイツで知り合った代理人(エキストラなどの案件を紹介してくれる)に誘われて、時給も良かったので参加したのがキッカケでした。

僕が撮影に参加したのは、3シーン。

1. 80年代の大学で学生エキストラ
2. 中華レストランで客エキストラ
3. 式典シーンの客エキストラ

こんな感じだったのですが、まず1つ目のシーンで、80年代の学生ということで、まず80年代風の衣装を着させられ、髪型もワックスでシチサンにさせられました。

そして、終いには

「君の髭は、今時すぎるから剃るね」

と言われ、鼻下の髭を全て剃られたあげく、不思議なことにもみ上げも全部剃られました…

一瞬の出来事に戸惑いながらも、

「イギリス映画に出演するんだから仕方ないか…」

と切り替えて、撮影に臨みました。

撮影中は炎天下。そんな中、待ち時間がとにかく長く、一緒にエキストラをしていたドイツ人のひょろ長い色白の青年と仲良くなりました。

「太陽の光を浴びたのが久しぶりだ」

と彼は特に炎天下での待ち時間が辛そうでした。

そして、映画を見てると…このシーンは、主演女優にカメラがフォーカスしており、僕が画面に映らず…

そして、2つ目のシーン。

中華レストランでのシーン。

「僕は日本人だから、ここがチャンスだ!!」

と思い、さりげなく主演女優が座る席の近くに座ったのですが、ここもカメラのフォーカスが女優に向いており、映らず…無念…

ただ、このシーンの時の休憩時にヘレナ・ボナム=カーターが僕の隣に座ってました。ずっと心の中で

「アバダケダブラやられたらどうしよう」(ハリーポッターでの死の呪文)

と心配になりつつ、隣で座っていると

「あなたは、どこの出身?」

と不意に聞かれて、意表を突かれた僕は、”どこから来たのか?”と聞き間違えてしまい

「コブレンツです。」

と答えてしまい、その後のスモールトークは、アジア人の容姿をしたコブレンツ出身の人という程で話が進んでしまいました。

(隣に座っていたエキストラの子が、「あなた日本出身でしょ!」と言ってきて、後で初めて気づきました。)

そして、3つ目のシーン。

大ホールで映画最期のクライマックスのシーン。
このシーンは、人が多かったので、「僕は映らないだろうなぁ」と思っていた矢先、奇跡が起こりました!!!

なんと映りました。笑

そのシーンがこちら。

D519DC70-C521-4741-8698-19D3DCF688BE

色黒すぎて、見えづらですが…
見える人には見えると思います。

これでイギリス映画デビューと呼んでもいいですか?
いいですよね?
えっ?ダメですか?

兎にも角にも、今となっては、いい思い出でした。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です