東ドイツから東へ!①

今回は

ドイツのドレスデンから

チェコ

そしてウィーンへと短い期間で

弾丸旅行をした時の失敗談をします。

この時

ドイツ留学中の高木くんと

一緒に行動しました。

高木くんは

この小旅行を敢行する前に

ドイツからオランダへ

電車へ行った際に

オランダの警察官に

パスポートを要求され

パスポートのコピーしか持っておらず

警察に捕まり

7時間拘留され、

挙げ句の果てに、

オランダ入国禁止になった男です。

なので、高木くんにとっては

このドイツから外国へ行く事は

トラウマの克服を意味していました。

まず、僕らが待ち合わせしたのは

ドレスデン。

1月1日。

年明けた日にドレスデンのホステルで

集合する予定でした。

ちなみに高木くん

年越しは

ベルリンで過ごしており

寝ずにそのままドレスデンに来てました。

そして、高木くんは

先にホステルに入り、寝てました。

だから、いくら電話かけても出ない…

僕も何故だか

フロントで間違えた部屋の鍵を渡され

寝てる高木くんを起こそうとしたら

何と、知らないイギリス人の男の子

を起こしてしまい

かなり気まずい状態に…

そして、違う部屋だと気づき

高木君が寝てる部屋へ…

すぐさま、寝てる高木くんを起こし、

予定していた、ドレスデンの

ゼーパーオーパー」で

オペラを見に行きました!!

ドレスコードがあったので

二人ともおめかしをして…

ジャケット無かったのでH&Mで安いのを調達。

年明けから素晴らしい芸術に触れられました!!

そして、恒例のトルコ料理屋で、ケバブを注文。

ここのケバブ屋のおっちゃんが何とも言えない

素朴な雰囲気を出してて

味も美味しい!!

大満足でホステルへ帰り、就寝。

起きて

朝食を取らずにドレスデンを

観光をして、
次の日の朝早くにバスでプラハへ行くので、

早めにホステルへ帰宅。

ホステルなので

格安なのですが

部屋では、見知らぬ人と寝なきゃいけません。💦

僕らの部屋には

髪の毛が奇抜なファンキーな女の人がいて

高木くんが寝るはずのベットで寝てる…

高木くん、激怒。😤

一人でブツブツ日本語で文句を言う。

とにかく、次の日が早かったのですぐに就寝。

起床後、朝食を取らずにバス停へ行き

プラハ行きのフリックスバスに乗る。

バスの中で、プラハでの旅行のプラン

そしてホテルまでの道のりを確認する。

Googleで色々調べていると。

どうやら、プラハ

治安が悪いらしい。

二人の間で緊張が走る。

高木くんは

先程も述べた通り

ただでさえ、オランダ事件で、トラウマがあるので

特に緊張してました。

しかし

今回はちゃんとパスポートを持って来てたので、

大丈夫であることを信じて、

プラハに着くのを待っていると

ついに、到着!!!

どうやら高木くん

長時間のバス移動によって

喫煙を我慢してたらしく

誰よりも早く外に出て

タバコを吸いたそう。

そして、バスの扉が開いた瞬間

高木くんが威勢良く、飛び出し

プラハの地に始めて足を着けた、

その時!!

高木くんが警察に捕まる😨😨

トラウマの再現…

今回は、パスポートを持ってるはずなのに…

まさか、オランダだけじゃなく、チェコも入国禁止になってたのか…

色々、頭によぎるが答えが見つからない…

警察官もチェコ語を話していて

何を言ってるか全然わからない💦

しかし、僕は、ある看板が目に入る。

喫煙禁止…

バスに降りたと同時にタバコを吸った高木くんは

その後、罰金を支払うことに…

しかも、その時はユーロではなく

チェコ・コルナで支払わなければならなくて

高木くん、警察に連れられ

キャッシュコーナーへ

渋々、お金を払う高木くん。

幸先の悪いスタートで、高木くんは

すでにチェコを嫌いになりかけていましたが

そこから、プラハを回りました。

また続きは、第2弾で紹介します!

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です