初めてのアウトバーン💦

ある日、僕の所属してたチームから

車を貸してもらえることになったので

自分の住んでいる家から2時間ぐらい離れた街まで

チームでお世話になってるチームマネージャーの人と

車を取りに行きました😊

僕の街には電車が

1時間に2本しか来ないし

時間通りに電車が来なかったので

車は、とても便利な交通手段でした☝️

免許も、日本の免許証をドイツの免許証に書き換えて

いざ出発💪

車を取りに行く途中でふと思いました

帰りは、自分で運転しなきゃいけないじゃん😱

しかも、一人で。

走る車線が、日本と逆で

右側走行💦

運転席も逆で左側💦

そして, なんと言っても

ドイツの高速道路「アウトバーン」

を走らなければならない😱

アウトバーンは、

車の速度制限がないことで有名で

僕もドイツに来る前に、

アウトバーンについては、

耳にしてました💦

そして、色々、

心配でソワソワしている中

車屋さんに到着。

車は、「スマート」という車種で、

二人乗りの小型自動車👍

早速乗って見ると

幸いにも車は

マニュアルではなく、オートマ。

ドイツの車は、

未だにマニュアルが多いので、

マニュアル車という、

最悪のオプションも考えてましたが

オートマ車を運転することに💦

そして、色々車の手続きをして、

マネージャーが僕に一言。

「じゃあ僕の車の後ろについてきてね」

あまりに簡単に言うので

何の問題もなく家まで帰れるのかなと思いました

その時までは…。

そして、早速、家に向けて出発😭

まずは高速道路に乗るまでに

下の道を走る。

一つ目の問題発生💦

ウィンカーとフロントガラスのワイパーの

レバーが逆💦

右折でウィンカーを出そうとした時

フロントガラスのワイパーが作動💦

慌てて逆のレバーを下ろす。

何とか問題解決💦

そうこうして、

マネージャーの後ろをついていき、

いよいよ高速道路「アウトバーン」に乗る💦💦

ここで、二つ目の問題発生

マネージャーが高速に乗った瞬間

スピードを出し始める😨

僕も、見失わないように

常に時速140キロでついて行くが

マネージャー、まさかの160キロ以上で走行。

追越車線を颯爽と走っている。

そして、僕も追越車線を150キロぐらいで走っていると

ミラー越しに、後ろからとんでもない速さで

ポルシェが迫って来ている💦

そして、やむを得なく

追越車線を開けて譲ると

推定200キロ近くのスピード

僕の車を追い越して行った…

速過ぎる😨

ここで、三つ目の問題発生

マネージャーを見失う😭

かなり動揺しましたが

ドイツの道路標識が

わかりやすいので

何となく家の方向を目指して走っていくという

常に不安な状態で走行💦

再び問題発生

強風注意の標識がある

橋の上の道で

チョロQの様な二人の乗りの僕の車は、

宙に浮くんじゃないかと言うぐらい

走行中に強風の影響を受ける😨

怖すぎる…

そして、30分後

ようやくマネージャーを200メートル先ぐらいで見つける😭

よし!!何とか見つけた!!

そう思ってアクセルを踏んで、走行してたら、急に

ピカッ!!!

なんだ今のは…🙁

よくわからなかったので

そのままにして

マネージャーに追いつく。

そして、無事、家に到着。

マネージャーが、一言

「ゆっくり走ってたつもりなんだけど

見失っちゃった…」

いや、遅くなかったわ😑

それから、一週間後。

家に一通の手紙が届く。

手紙の内容は

「スピード違反のための罰金」

なんかの間違いかなと思った矢先

手紙の中に、運転してる時の自分の写真が…

あっ!!

あのピカッと光った時のやつか…😨

あれ、オービスだったんだ…

そして、ドイツのアウトバーンで

全ての道が速度制限がないわけではない

と気付かされる…😭

後ほどマネージャーに聞くと

最近では

最大130キロまでの道など

増えているらしい💦

その事実を知った後、

僕がアウトバーンで

ゆっくり走ることによって

数々のドイツ人運転手を

イライラさせただろうことは

言うまでもない。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です