初ドイツ入団テスト。衝撃のデビュー!!

今回は

僕が初めてドイツでサッカーチームに練習参加をして

入団テストを受けた時の話をしたいと思います!

4月半ば。

まだドイツ語ままならない状態で渡独し

当時ドイツ5部リーグで単独首位をキープ

していたチームに練習参加しました。

代理人の人から急に言い渡された、

ラッキーな練習参加だったので、

何とかこのチャンスを物にしたい

と意気込んでました💪

そのため、白いTシャツに”TAKE“(筆者の名前)

とマッキーで太く濃く書いて

それを着て練習参加しました。

練習に行くと、まず選手全員と握手をしたのですが

みんな、体がデカイ😨

180センチぐらいの選手が一番小さい…💦

そして、自分と同い年ぐらいの選手の

老け具合が凄い…

チームメイトに、

僕は16歳の高校生だと思われてました😨

(当時筆者21歳)

そして、練習が始まりました!

ヤバイ…

監督のトレーニングの説明がわからない…😭

頭フル回転で、練習内容を予測し、

わからない時は、

チームメイトに

拙いドイツ語または英語で聞いて

やっていましたが

たまに理解が出来なくて、

間違えたりすると

監督が、舌打ち😭

チームメイトには、なぜか

「タケ」ではなく、

「ティケ」😑

Tシャツに大きく書いてあるのに…🙁

そして、ゲーム形式のトレーニング💪

そこで自分を猛アピール!

言葉があまり喋れなかったので、

とにかく「Ja!!」(英語でYes)を連発!

悪くない印象を与えたみたいで、

監督に次の練習に来るように言われた😃

練習終わった後

プールのシャワーのような共同のシャワールーム

衝撃の事実…

他の選手は、みんな下の毛を剃っている😨

もはや髭と胸毛とかボーボーに生えてるのに

下の毛はツルツル😅

とある選手が尋ねてきました。

「日本では剃らないの?」

面白いことを言いたかった僕は、

「監督(ハゲている)の髪の毛を貰った」

と言うと…

ウケると思いきや、

だだスベり😨

もはやシラけて盛り上がるとかもない

渾身のスベり。

ドイツで初めてのスベり。

その日の夜

自宅で

剃刀と共に「ヨーロッパスタイル」

にチェンジしました…

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です