スイス料理は最高!!伝統的なスイス料理6選

またまたサッカーには関係ないテーマではありますが

「食事もトレーニング」と言われているとおり

スポーツ選手にとって栄養管理も大事なことです。

そんなスイスで僕の栄養管理を脅かす

6つの美味しいスイスの伝統的な料理を紹介したいと思います。

ちなみにこの6つの中にノミネートされてませんが、

チョコレートは僕の大好物で、スイスのチョコレートも本当にほっぺたが落ちるくらい美味しいです。

多分、後々スイスチョコレートについての記事を書くと思います。

初めに

まず初めに言いたいのは、スイス産の食材は基本的に質が高いです。

農業や家畜の規則が厳しく、安全そして高品質の食材が提供されるように管理されているそうです。

実際、お肉も卵も野菜も果物も、スイスで売られている外国産の食品と比較すると圧倒的にスイスの食材の方が美味しいです。味音痴の僕でもわかります。

その分スイス産の食材はもちろん値段が高くなりますが、それは払う価値のあるものだと個人的には感じています。

1. ラクレット

ラクレットは日本でも食べたことがありますが、スイスでは冬の定番とも言える料理だと思います。

とある家庭では冬に頻繁にラクレットが登場するそうで、何度も食べている内に飽きてしまい、当分チーズは食べたくなくなる人もいるとかいないとか。

スイスといえばチーズというのが、僕のスイスに来る前のイメージでしたが、まさにラクレットはスイスを代表する伝統的な料理であり、友達同士や家族で食べる料理です。

一応、下記イメージになります。

出典https://www.galaxus.ch

 

2. チーズフォンデュ

こちらも有名ですが、スイスではラクレット同様、冬の定番料理となります。こちらも家族や友達で鍋を囲んで食べます。

ちなみにスイスではチーズフォンデュをパンかジャガイモで食べるのが主流ですが、リンゴをチーズにつけて食べる人もいます。

僕が最初にそれを見た時は、美味しいかどうか半信半疑でしたが、試してみるとリンゴの酸味と甘みがチーズとマッチして美味しかったです。ぜひ皆様も試して見てください。

ちなみに僕が友人とチーズフォンデュを食べている時にこんな事がありました。

たける(筆者)
たける(筆者)
あっごめん、ジャガイモを鍋の中に落としちゃった!
はい、じゃあグラスを持って!! お酒を一気飲みね!!
友達
友達

 

 

と言うように、スイスでは、チーズフォンデュの鍋にパンやジャガイモを浸している時に落としてしまった人は、罰としてお酒を一気飲みしなければならないという恐ろしいルールを設ける人もいるので、集中力も必要です。

すいません、大袈裟に言いました。大体の人は冗談で言ってくるので大丈夫です。

それから、フォンデュの底に少し焦げて固まったチーズが残るのですが、これも美味しいです。

ちなみにこれにも名称があり、「おばあちゃん」と呼ぶそうです。理由は匂いが加齢臭の匂いがするからだそうです

ちなみに、ラクレットやチーズフォンデュを家で行った後は、しばらく家の中がチーズ臭くなるので、次の日に大事な会議やデートがある人は控えた方がいいかもしれないです。

出典https://adservice.google.com

3. リュスティ

これは僕がスイスに来てから初めて知った料理でしたが、簡単に言うとジャガイモを細かく刻んで焼いた料理です。

出典wikipedia

ジャガイモが大好きな僕にとって、この料理は大好物で、いつもレストランに行くと、まずリュスティがあるかどうか確認します。

そして、レストランや家庭によってトッピングや味付けが違うので、まさに日本でいう「味噌汁」に当たるものかもしれません。汁物ではありませんが。

ちなみにリュスティを作るためにジャガイモを細かく刻むのですが、そのための大根おろしのような形のジャガイモおろしがスイスには売られていています。

それをお土産として、友人に送ったことがあります。

4. フォンデュシノワーズ

フォンデュという言葉から、鍋に何かをつけて食べるというのを想像した方もいるかもしれませんが、その通りです。

薄く切られた牛肉や豚肉を鍋の中のブイヨンに泳がせて、その後数種類のソースをつけて食べる、まさに日本の「しゃぶしゃぶ」のようなものです。

イメージはこんな感じ。

出典Wikipedia

僕自身、しゃぶしゃぶが大好きなので、しゃぶしゃぶが恋しくなったら、フォンデュシノワーズを食べます。

5. ライスカシミア

これはバナナ、パイナップル、そしてスモモの果肉入りで甘みをつけたカレールーにローストアーモンドを添えた、カレーライスです。

カレーはインド発祥の食べ物ですが、このカレーはスイス発祥です。

カレー同様、鳥肉か豚肉か牛肉からのお肉と一緒に食べたりもします。

カレーに沢山のフルーツの果肉が入っているので、少し抵抗がありましたが、美味しいです。

見た目はこんな感じです。

出典Wikipedia

これだったら日本でも、カレーの要領で作ればいいので、簡単に作れるかもしれないです。

6. エルプラーマグローネン

マカロニ(またはペンネ)、ジャガイモ、クリーム、チーズと玉ねぎからなるスイスアルプス地方発祥の料理です。

僕が食べた時は細かく刻んだベーコンも入ってました。

クリーミーなジャガイモとマカロニのミックスに炒めた玉ねぎとカリカリのベーコンがとてもマッチして、お美味しいです。

マカロニの代わりにペンネを使う場合もあります。僕はマカロニの方しか食べた事はありませんが、ペンネでも違った美味しさが感じられると思いました。

出典https://www.bettybossi.ch

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

僕はこの記事を書いてて、お腹が空きました。

これを読んで、スイス料理がチーズだけでは無いことを証明できたのではないでしょうか。

皆様がスイスに来れられた際には、これらスイス料理をぜひ食べてみて下さい!!以上、伝統的なスイス料理6選でした。ありがとうございました。

 

 

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です