初めてドイツの歯医者で治療して驚いたこと。

小さい時から唯一行きたくない場所があります。歯医者です。2年間ドイツにいる間は、口内に何も問題がなかったので、良かったのですが、スイスに来て10ヶ月…ついに虫歯を発見してしまいました。多分、スイスチョコレートが美味しくて食べ過ぎで出来てしまったのかな…

ということで、スイスの歯医者に行こうかなと思ったら、とんでもない値段…保険も従来の保険では対応できず…

日本に歯医者に行く為に帰国も考えましたが、僕の住んでいる所からドイツの国境が近いので、ドイツの歯医者に行くことにしました。とはいえ、日本で治療するよりもドイツで治療する方が高いですが…もちろんドイツの保険も適用できないので。

そして、歯医者へ行ってみると、患者のための駐車場の車のナンバーがほとんどスイスナンバー。スイス人にとっても、スイスの歯医者は経済的に厳しいのだなと思いつつ、受付を済ませて治療を受けました。治療中、僕が今まで日本で受けて来たものと違い、驚いたことがいくつかありました。

6回麻酔注射

まずは治療をする前の恒例の麻酔注射。本来であれば1回〜2回だと思っていたのですが、予想を大きく上回り6回。2日目の注射でもう痛みは感じないので、よかったのですが、麻酔切れたら、めちゃくちゃ痛いだろうな思いながらも取り敢えず、そのまま黙ってました。

治療中全く痛みはない

さすがにこれだけ麻酔注射を打てば、治療中に痛みはありません。もはや、舌の半分の感覚もないぐらいでしたが、今まで治療中に激しい痛みを耐え忍んで来た僕にとってとてもポジティブな驚きでした。

あの一言がない…

これはどこの歯医者もそうなのかわかりませんが、僕が通っていた歯医者は、いつも治療中の合間に、「お口を閉じて良いですよ」と言われるのですが、ここのドイツの歯医者では言われず、治療中はずっと口を大きく開いていました。そのせいか、いつも使っていない顎の付け根の筋肉が筋肉痛になりました。

治療時間が短い

恥ずかしいことに、2箇所に虫歯があったのですが、両方の歯の治療は合わせて40分で終わりました。なんか早すぎて心配になりましたが、今の所なんの問題もないので、多分大丈夫だと思います。何度も歯医者に通うのは骨折りなので、これも僕にとってかなりポジティブな驚きでした。ちなみに治療の料金は、レントゲンや特別な詰め物などの治療は含めなければ、基本的に治療時間で料金が決まります。ちなみに僕は40分の治療を受けて、200ユーロぐらいでした。ドイツで安いのか、高いのかわかりませんが、スイスと比較するとかなり格安です。

治療後は注射箇所激痛

先ほども述べたとおり、予想が的中しました。治療が終わって、2時間後ぐらいに麻酔が切れ始めた頃、治療した所と関係のない歯茎の部分に痛みを感じて来ました。そして、すぐにそれが麻酔注射を打った場所だと直ぐに気づきました。痛みを感じない為に、痛みを余儀無くされると言う、本末転倒な気もしますが、治療中の痛みよりは、痛くないので結果的には良かったです。

いくつになっても虫歯は嫌だなと改めて痛感しました。日本に帰国した際などに治療しれもらえる場合は、料金的にも精神的にも、その方がいいなと思いました。以上、何か皆様のお役に立てたらなと思います。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です