クリスマスツリー投げ大会

クリスマスツリー大会とは

2019年1月3日。
ウーヴィーゼンという町でクリスマスツリー投げ大会が開催されました。
この町では、クリスマス前にクリスマスツリーを町民に無料で配布し、1月3日にそのクリスマスツリーを燃やします。この毎年恒例の新年の行事に際して、クリスマスツリー投げ大会が行われます。

大会参加のきっかけ

過去にこのクリスマスツリー投げ大会で骨折してしまった、元槍投げ選手から、この大会について教えてもらい
ぜひ参加したいという事で、参加させてもらいました。
クリスマス前。クリスマスツリーも持った事さえなかったので、まずはクリスマスツリーを持ってみました。

見た目は軽そうなんですが、意外と重いです。そして思ったより投げづらいです。それでも、練習していく中で段々距離も伸びていきました!準備完了。

本番当日

そして、本番当日。僕が会場につくと、初めてのアジア人の参加だからか、色んな人からジロジロ見られて、地元のテレビ局がこの大会を撮影しに来ていて、「今大会は国際的だな!」と笑っていました。
大会は子供の部と女性の部と男性の部。僕はもちろん男性の部に参加しました。投げれる回数は3回のみ。

まずは他の参加者のお手並み拝見。大体6mぐらい投げてました。そして、僕の番が回って来て、クリスマスツリーを渡されました。
「練習してた時のより、大きくて重い…」
ちょっと動揺を拭えぬまま、1投目を投げました。全然飛ばず、5m。周りで観ていた人達も、笑っていました。
そして、僕が1投目を終えた後、他の参加者の投げ方を観察して、より遠くへ投げるヒントを得ました。

「もしかしたら、次はいい記録が出せるかもしれない。」

そして、2投目。

投げた瞬間にさっきより遠くに飛んだ事が直ぐにわかりました。測定する人がメジャーで距離を測り、結果は…7m90cm!約3m記録を伸ばしました。これには周りの人達もビックリ。あの時は気持ちよかったです😄

しかしその後、身長190cmの熊のような男が、9m20cmを記録。去年の最高記録8m60cmを大きく上回りました。呆気なく僕の記録は抜かれました…
更に、他のもう一人の長身細身な青年も8m台を叩き出しました。

しかし、まだ最後に1回投げられます。1投目から2投目の成長率を考えると、3投目で9mも出せるかもしれないと自分を鼓舞しました。

そして、3投目。思いっきり投げました。

結果は…7m50cm。

無念。悔しさの残る大会となりました。そして、3位入賞かと思いましたが、更にもう一人の大柄な男が9m台を記録し、初めてのクリスマスツリー投げ大会は、入賞も叶わず。

来年は、9m台を出すという新たな目標が見つかりました🔥
その前にもちろんサッカー頑張ります!

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です