ブンデスリーガのチームでインターン!!

今回は、

僕がドイツで

Borussia Mönchengladbach
(ボルシア・ボルシアメンヘングラートバッハ)

という現在、ブンデスリーガ1部に所属している

サッカークラブに

5ヶ月間インターン

をした時の話をしたいと思います!

まずは、

なぜ、ここでインターンをすることになったのか?

その経緯について、少し説明をしたいと思います。

まず、初めのキッカケとなったのは、

僕がドイツで所属していたチームで

アマチュアながら、所属選手が

お金を貰っていたことでした。

僕が、日本で所属していた社会人チームは

アマチュアながら、

スポンサー様、そしてファンを集めるために

地元の駅前でチラシ配りをしたり

地元のイベントに参加するなど

精力的に活動しておりました。

しかし、僕のドイツのチームは

選手がそういった活動をすることもなく

また、人口8000 人の町クラブ

にも関わらず、規模は小さいにせよ

クラブの経営が成り立っているというのが

とても不思議に思い、

それをキッカケに

ドイツのサッカークラブの経営に興味を持ち始め、

地元の大学で

スポーツマネジメントを学べるところを探しました。

そしたら、たまたま近くに

スポーツマネジメントを専門に学べる大学があり

その学部の教授に、

講義に出さしてもらうように頼んだところ

許可をもらえたので、

講義に参加させてもらいました。

いきなり来た、日本人に

このような機会を与えてくれて

本当に有難かったです…

講義自体は、他の生徒とドイツ語では劣るものの

自分の興味のある分野だったので

なんとか内容にはついていけました🙌

そして、周りの生徒たちは

大手ドイツのスポーツメーカーや

有名なスポーツクラブでインターンしているのを見て、

「僕も、ブンデスリーガのチームの経営を見てみたい!😃」

と思い、手当たり次第、

ブンデスリーガのチームのインターンの募集に

申し込みました!

しかし、どこも通らず😓

某、ブンデスリーガの日本人選手のいるチームなどには、

僕は日本人だから、日本人ファンを増やしたい 等々

アピールしたのですが、

願い届かず😓

もうダメかなぁと思っていたところ

一通のメールが。

それが、ボルシア・メルヒェングラッドバッハ😃

しかし、インターンのポジションは、

少し僕が望んでいたのとは違って

女子チームの

ジェネラルマネジャーのアシスタントとのこと。

どこもオッケーをもらえなかった僕は

これも素晴らしいご縁だと思い、

すぐさま、インターンをさせて欲しい旨を伝えました!

そして、ボルシア・メルヒェングラッドバッハの女子チームでの

5ヶ月のインターンが始まりました💪

僕の住んでる町から、120キロ離れた街。

週3回、車で通ってました💦

インターンが始まって、まず感動したのは

練習着、ジャージ、リュックサックやら何から

全てメルヒェン・グラッドバッハから支給されました🙈

今でも大事に着てます。

そんなミーハー発言をしてしまいましたが、

実際にインターンをやってみると

それ以上に、価値あることを

学ばせて頂きました🙏

印象的だったのは、

まず、「ボルシアパーク」という

ブンデスリーガの男子チームのホームスタジアムを案内してもらったことです。

それは、もう本当に素晴らしいサッカースタジアムで、

約4万6千人収容の観客席や

選手や関係者、スポンサーが試合後などに

一緒に食事をする巨大な食堂や

記者会見室、

そして何個サッカーグラウンドあるんだよってくらい、

練習用のグランドがあって、

冬にグランドに雪が積もらないように、芝生の下に暖房がついてたりと

さすがはサッカー大国ドイツだなと

改めて実感しました!!

その中で、メルヒェン・グラッドバッハのクラブの副代表と挨拶🙌

トップチームの選手も一人見かけて、

自分も関係者になるのだと、身も引き締まる思いでした。

スタジアムを回っている間、

僕が、クラブ経営について興味があることを

ジェネラルマネジャーのカエルさんに伝えると

時々、集客の戦略や

スポンサーに対してのサービスなどなど

説明してくれて、

その時に話してくれたことは、

クリエイティブなアイディアが多く

今でも覚えてます。ここでは書けませんが、、、

ただ、そのスタジアムを回った後、

僕とカエルさんは、

女子チームの練習に向かいました。

スタジアムから車で15分。

女子チームは、違う場所で練習をしていました。

天然芝一面に、人工芝のグランドが一面。

日本で考えれば、申し分ない環境ですが

男子チームのスタジアムに比べてしまうと

かなり劣って見えてしまう環境でした。

女子チームは、男子チームとは違って

スポンサーも少なく、

観客数も少ないため、

経済的に男子チームより劣ってしまい、

残念ながら給料をもらっている選手は少ないとのこと。

しかし、選手やスタッフ、そしてカエルさんは

男子チームと同じように

プロフェッショナルでした。

選手たちは、毎日厳しい練習をして、向上心高く練習していましたし、

何より、カエルさんを筆頭に、

監督、スタッフ陣のサッカーへの情熱が、

常に燃え盛ってました。

練習前も、練習後も1時間以上サッカーの話で盛り上がり、

練習メニューを考える時も

1ミリ単位ぐらいまで、こだわってるんじゃないかってくらい

細かく練習メニューを作成してました。

本当に全員、サッカーが純粋に好きなんだなと思いましたし、

好きなことを無我夢中になってやっている集団は、

厳しい競争の中でも強いなと。

さらに、このチームが、ブンデスリーガ2部から1部に昇格したのを見て

その思いが確信に変わりました。

何より、僕自身サッカーがもっと好きになりました!!

そして、今回紹介したい、インターン中に起きた失敗談は、

オランダで行われた、

ボルシア・メルヒェングラッドバッハの女子チームの選手選考会

の時に起きました…

既にドイツでの生活に慣れていた僕は、

オランダが、ドイツから距離的に近いことや、

カーナビでオランダの住所が表示されたこと、

そして、ドイツからオランダへ車で行く場合、

入国審査がないことなど

チームのスタッフの人から聞いていたので、

完全にオランダに行くことを甘く見ていました😓

そして、今までと違う国に行くという緊張感を持たずに、

朝6時、オランダへ向けて家を出発。

車の少ない早朝の高速道路を快調に走り続けて

1時間30分

気づいたら、オランダに入国。

ドイツでは、速度制限のない高速道路で

150キロぐらいで走行していましたが、

オランダに入国したことに気づいてからは、

もちろん速度に注意しつつ速度を落として運転しました。

スピード違反になる前に、

入国したことに気づけてよかったです…

しかし、もう少しで練習場に着くという時に

問題発生💦

カーナビが故障して、道が全くわからなくなりました。

しかも、住宅街のようなところで、

周りに目立ったものもないところ

前もって少し早めに出発していましたが、

このままでは、遅刻してしまうと焦った僕は、

誰かいないかと辺りを見回して、

庭で草刈りをしていたおじさんを発見しました😃

庭の外から、柵越しに

サッカー場の場所を聞くために

おじさんに話しかけました。

ここで重大なことに気づきました。

(そういえば、ここオランダだからオランダ語じゃん、、、)😨😨

普通に考えれば、分かることを何となく忘れていて

オランダ発入国をナメていた、

罰がここで当たりました…

しかし、オランダ語は、ドイツ語と似ているというのを聞いたことがあったので

(頼む!理解してくれ!)🙏🙏

と強く願いつつ、取り敢えずドイツ語で聞いてみましたが

当然全く理解されず。なんせオランダ語が母国語ですから。

その後、何とかボディランゲージと

紙に書いた住所を見せたところ

何とか、おじさんは理解してくれました。

しかし、肝心のおじさんの道の説明がわからない…😅

このままでは、埒があかないと思った僕は、

わかったふりをして、おじさんに感謝を告げて、車に戻り、

どうしよう、もうここまでか😭

と諦めそうになった時、

奇跡的にカーナビ復活!!!!

すぐさま、出発してサッカー場へ!!

何とか、集合時間ギリギリで到着しました💦

オランダでの選手選考会は、

無事終了し、

素晴らしい経験をさせて頂きました!

慣れて来た時こそ、注意が必要だなと思いました。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です