スイス証明写真機に要注意!!!

スイスでの選手証を発行するために

証明写真をチームのマネージャーの人に渡したら

なぜかそのマネージャーが写真を紛失してしまい

急遽、チューリヒの自動証明写真機で

写真を撮ることに。

ちなみに、今日の練習の時に写真を

持って来いと言われていたので

練習前に慌てて、写真を撮りに行くことに💦

インターネットで証明写真機の場所を検索。

地図での場所は見つかったが

全然見つからず💦

練習に遅刻する不安に駆られる😨

ようやく

デパートの地下という異様なところに写真機を発見し

すぐさま写真機のカーテンをめくり

中で撮影。

ちなみに私

数年前に日本にいた時に

証明写真を撮り

あまりに急いでたせいか

イヤホンをしたまま証明写真を撮ったと言う

黒歴史があり

今回は、そのような失態がないようにと

急ぎながらも、集中して臨みました💦

撮影料は、10フラン。

10フラン札と20フラン札のみ使用可能とのこと。

その時、不運にも僕は50フラン札しか

持っていなかったので

すぐさま、スーパーへ駆け込む💦

数百円のチョコレートを手にレジへ!!

しかし

こんな時に限って、スーパーのレジは長蛇の列😭

レジの人も、少しでも早く作業を進めようという雰囲気のかけらもなく

10分以上待って、支払いへ💦

50フラン札で支払いをして

その時にもらったのが

20フラン札2枚と小銭。

20フラン札も使えるので、これで大丈夫だ!
‭‭
そう思った僕は、20フラン札を片手に

すぐさま、証明写真機へ💦

20フランを投入し

ようやく写真撮影!!

今回は、写真がうまく撮れてることを願って

出てきた写真を見ると

今回は、完璧👍

あとは、10フランのお釣りを取って、駅へ向かおう

あれ?

お釣りはどこから出てくるんだ?

カーテンの中の部屋を探しても

撮影機の周りを探しても

見当たらない💦

そんなはずはない。

お釣りが出てくるためのボタンなどもない

もう一度、写真機のタッチパネルを触り

もう一度、支払いの画面に行くと

「この機械は、お釣りが出ません。両替をして下さい」

😨

じゃあなんで20フラン札使えるようにしてるんだよ!😤

と憤りを感じながらも、急いで駅へ!

なんとか練習には間に合いました🙌

後々聞いて見ると、お釣りが出ない自動販売機が

スイスには結構あるらしい…

皆さんも気をつけて下さい🙌

10フランを無駄にしたのが、悔しいので

しばらくは、10フラン分取り返すために

大好きなチョコレートを我慢します。

スイスでサッカーやってます。

ドイツで2年セミプロとして活動、2018年からスイスでプロを目指して活動中!!25歳。詳しいプロフィールはこちらから!お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です